実務者研修を受講終了すれば高収入の求人にも巡り合える

実務者研修を受講終了すれば、高収入の求人にも巡り合える

実務者研修とは旧ホームヘルパー1級に相当し国家資格である介護福祉士の受験資格を得るために必要な資格です。

 

実務者研修を受講終了すれば、高収入の求人にも巡り合える

 

実務者研修はこれまでに特別な資格は必要なく、無資格でも受講することができますが、その場合、受講終了までに6ヵ月程度かかるため、介護福祉士の資格を得たいと考えているならば早めに受講することをおすすめします。

 

実務者研修を修了することで、思わぬ高収入の求人に巡り合うことがあります。なぜならば、実務者研修修了者は介護職のなかでも、リーダーとしての役割を担うため、他の介護職と比べて時給や給与面で優遇されるからです。

 

とくに、指定訪問介護事業所には、必ずサービス提供責任者を配置しなければならないと法律で定められており、サービス提供責任者になることができるのは、実務者研修修了者か介護福祉士の資格取得者であるため、給料のアップが狙えるわけです。

 

今後も、高齢者がますます増えていくなかで、高齢者を支えていく介護職の役割は大きいですが、まだまだ待遇面では整備しなければならないことが多くあります。

 

また介護を担う人材も、まだまだ十分とはいえません。そんなときでも実務者研修を修了していれば高収入を得られる求人に応募できるため、ぜひとも取得しておきたい資格といえます。